住んでよいまち・日本一をめざして

住んでよいまち・日本一をめざして

「狭い日本そんなに急いでどこへ行く」
その国土の狭い我が国においても、それぞれのまちの持つ特徴や環境は様々です。

私たちは、様々なまちを一面だけで比較するのではなく、自分たちのまちの良さをきちんと認識して、
強みを活かしたまちづくりを行っていかなければなりません。

私たちの暮らす松戸市は、東京を中心とした首都圏において、都心から約20km、電車でも30分の距離にある東京隣接都市として、極めて利便性の高いまちです。

一方で、ひとたび江戸川を越えると、東京では得られないような豊かな自然環境に恵まれたまちでもあります。

このようなまちの持つ特徴や環境を活かしたまちづくりが行われた結果、私たちの松戸市には、どこに行っても暮らしやすいまちの姿があります。

時代の経過とともに様々な課題を抱えている今、私たちが成すべきことは、先達が築いてきたこのまちの基盤を活かしながら、新しい時代に対応した未来に引き継げるまちへの道筋を付けることだと考えます。